ガラスコーティングの専門=ハイメディックジャパン=

HOME > コーティング > 各種コーティング素材の特徴


【特徴1】
無機構造のガラス性状被膜に撥水性能を付加したガラスコーティング剤です。
【特徴2】
塗装面に塗り広げることで、ポーラスと呼ばれる塗膜の活性点に作用し、ハイブリッドGの成分が科学的に結合して無機構造のガラス性状被膜を形成します。よって活性酸素による劣化を防ぎ汚れの再付着を防止します。
【特徴3】
ガラス性状の硬く厚みのあるコーティング被膜を形成している為、長期間に渡り、光沢の保持と防汚性能を発揮します。
【特徴4】
硬度の高いハイブリッドGのコーティング被膜は高温時においても被膜が軟化せず汚れの巻き込みが起きません。

【特徴1】
高光沢・高耐久性を極限まで突き詰めた塗装面浸透型のコーティング剤です。
【特徴2】
形成される被膜はガラスを精製する際に使用するケイ石(原鉱石)を還元し合成することで作られる「シラン」を高濃度配合し、塗装面を酸化・色褪せから守ります。
【特徴3】
一般的なガラスコート剤に比べて、最終完成被膜のガラス質量が多く、無機質被膜を形成。塗膜の膨張・伸縮に柔軟に対応するカール性の高い被膜でもあり、クラック(ひび割れ)が発生しません。
【特徴4】
低撥水被膜による雨染み・ウォータースポットの予防が可能です。

ハイメディックジャパン株式会社  京都府京田辺市大住大峯1−1  TEL 0774-64-6307  FAX 0774-64-6317

店舗情報/会社概要/特定商取引法個人情報お問い合せ