京都のカーフィルム・ボディコーティングの専門=ハイメディックジャパン=

HOME > 透明断熱フィルム検証実験

カーフィルム 断熱効果測定 実験
使用フィルム
今回の実験では断熱フィルムの効果を計ることを目的にしていますので、あえて色が付いていない透明の断熱フィルムを使用します。
カラーサンプルでは少しわかりづらいと思いますので、広げていない状態の写真を載せました。
パッとみると濃いゴールドのような感じですが、広げてみたら透明ですよ。
使用器具
右写真の測定装置を使います。
(熱いです。)
使用条件
10分間連続して光を当て続けます。
左がフィルムが貼っているガラス、右がフィルムを貼っていない普通のガラスと分けて測定します。
使用環境
7月中旬の室内気温です。およそ30℃
まず、写真2、右普通ガラスから測定します。測定終了後は写真3の気温にまで下げて写真2、左の断熱フィルムが貼っているガラスで測定します。
 
それでは実験スタート!!
断熱フィルム
普通ガラス
▼5分経過▼

断熱フィルムは5分経過時点でおよそ32℃。

普通ガラスは5分経過時点でおよそ39℃。
▼10分経過▼

10分経過およそ35℃を記しています。

10分経過およそ44℃を記しています。
実験結果
実験の結果、透明断熱フィルムは普通ガラスに比べておよそ8~9℃の温度差を実現いたしました。このことから透明にもかかわらず非常に優れた断熱効果があることが実証されました。
今回の実験で使った透明フィルムよりも、通常の色付きフィルムの方が断熱効果はさらに期待できます。

自動車の中は高温になりがちです。快適なドライブやエコのためにもカーフィルムは今や必須!
貴方の愛車にぴったりのカーフィルムをハイメディックジャパンで探してみませんか?
皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしております。

 
インターネットでのお問い合わせ
お問い合わせフォームが開きます。

ハイメディックジャパン株式会社  京都府京田辺市大住大峯1−1  TEL 0774-64-6307  FAX 0774-64-6317

店舗情報/会社概要/特定商取引法個人情報お問い合せ